仏壇屋 滝田商店
トップページへ

  位牌の出来るまで

塗り位牌は今まで、会津、名古屋、和歌山などで作られてきました。しかし最近では海外製(中国)の位牌も数多く販売されていますので、購入の際は注意が必要です。
滝田商店の塗り位牌は、500年の伝統を誇る会津塗りで仕上げていますので、安心してお選びください。

会津塗りは、約500年程前の室町時代に始まったといわれます。
1590年、蒲生氏郷が会津藩主になってから本格的に地場産業として力が注がれ、現在まで伝統と新技術をふまえた工芸産業として全国に知られています。
会津塗りの位牌は、木地加工、塗り、蒔絵とこれら三部門を分業化し、すみずみまで職人たちの気質を大切に受け継いで仕上げています。


名匠 様々な過程を経て一本の位牌が出来あがる。
塗り位牌に使用する漆

[塗り位牌の制作工程]
1.木地づくり製材、木取り、彫刻
2.下地付け塗りの前の木地を丈夫にする作業
木固め、下地、下地研磨
3.漆塗り下塗り、下塗り研磨、中塗り、中塗り研磨、上塗り
4.蒔絵加飾金粉蒔き、金箔押し
5.戒名入れ文字彫り
文字書き
(滝田商店では、漆で書いた上に金粉を蒔きつける、蒔絵技法で戒名を書いております。)
塗り位牌 唐木位牌 回出位牌 過去帳 上塗勝美位牌 春日位牌 黒檀蓮付位牌 上塗紫檀京の梅位牌 上等猫丸位牌 戒名入れについて 位牌と戒名の豆知識


閉じる

仏壇屋 滝田商店トップページへ

Copyright (C) 2000-2019 仏壇屋 滝田商店 all rights reserved.