護摩用仏具・護摩器・護摩用御香・護摩釜・護摩木・壇線・五瓶華・宝剣・密教法具

密教法具の護摩用仏具、護摩器、護摩用御香、護摩釜、壇線、五瓶華、五輪菊、宝剣など寺院でご使用になる密教仏具を紹介しています。

護摩(ごま)とは、サンスクリット語(梵語)でホーマ(homa)といい、「焚く」「焼く」などの意味をもつことばで、仏の智慧の火をもって煩悩を焼きつくすことを表します。
護摩はお護摩とも呼ばれ、さまざまな供物を捧げ、護摩木という特別な薪を焼きつくし家内安全、商売繁昌、病気平癒、心願成就など、開運・厄除けの所願が成就する事を祈る、密教の中で重要な修法になります。
護摩祈願、護摩祈祷とも呼ばれます。
護摩用仏具は護摩修法で使用される密教法具です。

護摩用御香(ごまようおこう)

護摩を焚くときに使用する御香です。
すべて天然の香原料を使用して製作しております。

護摩用仏具(ごまようぶつぐ)護摩器(ごまき)

護摩を焚くときに使用する仏具です。真鍮製、磨き仕上げの最高級品。
京都の伝統工芸職人の高度な技術により製作されたものです。

護摩木(ごまき)護摩木台(ごまきだい)

護摩を焚くときに燃やす特別につくられた木と、護摩木を置く台です。

護摩釜(ごまがま)

護摩を焚くときに使用する釜です。

壇線(だんせん)五瓶華(ごびょうげ)(五瓶花) ・五輪菊(ごりんぎく)

護摩壇、大壇用の壇線、五瓶華(五瓶花) ・五輪菊です。
京都の伝統工芸職人の高度な技術により製作されたものです。

宝剣(ほうけん)・宝剣用袋

宝剣は、柄に金剛杵の一つである三鈷杵が付いた不動明王の「利剣」になぞらえた密教法具です。
京都の伝統工芸職人の高度な技術により製作されたものです。

ページトップへ